建築家
山道 勉
Tsutomu YAMAMICHI
山道勉建築 代表
家と庭を同時に、家族・自然・歴史・時間・地域それぞれの繋がりを
編み込むようにして“そのものらしさ”を設計した住まいが
“あなたの暮らし”となるように…
ふっとうれしくなるコト、カタチにしてます。

風土とともにある住まい 〜大分県〜
大分県は比較的穏やかな気候ながら台風や大雨、内陸部は寒暖の変動も大きく
積雪の影響を受けるなど東西南北で異なります。その地の環境を知るために
設計を始める前はもちろん、最中にも土地へ幾度となく足を運び、地域の特徴を
しっかりくみ取ることを大事にしています。
庭への考えや思い、得意とする庭
土地の歴史や家族の人となりを編み込むように、家と庭を同時に設計します。
既存の木や石を生かし自然樹形の木を新たに取り入れた庭は、家と周囲を
やわらかくつなぎ心を和ませると考えます。
街の風景でもある庭は、家とともに住人の“心の原風景”となります。
庭との関係を自然と築けるように、思いっきり遊ぶ、手を掛けたくなる、
そんな心の距離が近い“友”のような庭を提案します。
住宅設計で心がけていること
どの季節・状況でも使う人が心地よく自然体でいられることをいつも考えています。
空間の関係性はもちろん、床はぬくもりある地元の杉、壁は内外ともに調湿する素材
などこれまでの経験で信頼のおける材料、新素材も含め適したものを検討を重ね選択。
軒を深くし風を取り込む、季節や状況に応じて建具を活用するなど、居心地の良さを
生むことに心を寄せています。
また、職人の技を引き出し活かしきる家づくりで技術の継承をしています。
家づくりに対する考えや思い
自然環境と人間環境を編み込むように設計することで、心のひだのようなところを
カタチにしたいと考えています。人も家もそのものらしくいられるように…。
地域の特徴やご家族の自然体の姿を組み込んだ家づくりで、竣工した瞬間から
その地に人に馴染んだ家が生まれています。
これからも長い時間を超えて愛せる、愛される家を皆さんと共感しながら
生み出していこうと思います。
山道勉建築 代表 山道勉
ひだ
心の襞を建築する。

【経歴】
東京生まれ、
千葉・大分育ち。

インテリアフォームインスティテュート (IFI)卒業
早稲田大学芸術学校建築設計科卒業

(株)アーキタンク総合計画事務所/東京 
(有)技杢・浅井康行建築工房/大分を経て

1999年 山道勉建築設計事務所設立

ヒューマンアカデミー大分校非常勤講師

2003年より谷麗子と、チーム山谷としての活動も開始する

2005年 山道勉建築に改称 現在に至る

建築士事務所登録
大分県知事登録 二級建築士事務所
開設者 山道勉
二級建築士 東京都知事登録
管理建築士 稲門建築会会員 
建築家賠償責任保険加入
【業務内容】… 設計・監理を専業とした設計活動
・住宅建築におけるすべての設計・監理
・旅館などの商業施設の設計・監理
・戸建て住宅や店舗のリフォーム、増改築の設計・監理
・家具(造付&置)・建具・外構(庭)などの設計・監理
・その他(家具・カーテンetc…)住まいに関するコーディネート
【事務所ご案内】
〒870-0854
大分県大分市羽屋9-3 B301
どうぞお気軽にご相談下さい。


Copyright (C) 2004-2019 team:yama.tani. All Rights Reserved.